集客重視ならヤフーショッピングなどのモールを使う

ショッピングカート比較naviトップ > 集客を重視するショップを開業

集客を重視するショップを開業

ただお店を開店しただけでは、集客は全く見込めません。ただしショッピングモールでの出店は別。すでに膨大な会員数を誇るショッピングモールへの出店であれば、様々なプランを活用することで、開店すぐにでも集客を期待することができます。

名前 初期費用 月額料金
Yahoo!ショッピング 無料 無料
楽天市場 32,000円
(RMS入門マニュアルセット)
19,500円

Yahoo!ショッピング

eコマース革命ということで、月額と初期費用が何と無料になったヤフーショッピング。圧倒的な集客力はそのままに、出店へのハードルが一気に下がりました。
Tポイントの利用や獲得も可能なので、3,600万人というT会員もターゲットにすることが可能です。

月額 無料
初期費用 無料
yahoo

メリット

最大級の集客力
1日13億ページビュー(2007年7月 Yahoo!Japan調べ)を誇るYahooJAPANのノウハウがつまったモールです。集客のための手段も数多く用意されています。
便利なツールがたくさん
お客様が購入しようとしている商品に関連する商品を紹介する機能や、メールマガジンの無料配信など、便利なツール、サポートを提供しています。
サポートもきっちり
売るための店舗構築からスムーズな開店、開店後運用が定着するまでのスタートダッシュを手伝ってくれる開店支援コンサルティングや、運営コンサルティング、電話やメールで色んな質問に答えてくれるヘルプデスクなど、サポート体制が充実しています。
集客アップの企画
お店へ集客するための誘導広告や、広告企画を頻繁に実施しています。また、アフィリエイトを利用した、外部サイトからの集客も期待できます。
モバイル対応
当然モバイルにも対応。携帯で買い物をする人は年々増えており、販売のチャンスを広げることができます。

デメリット

競合他社と比較がされやすい
ショッピングモールに訪れた人は、より良い品、より安い品を求めてきます。自店舗の商品の質や値段に魅力がなければ、他の店舗にとられてしまう可能性大です。
詳細はこちら

> ページの先頭へ