ショッピングカートの種類を解説!

ショッピングカート比較naviトップ > ショッピングカートの種類

ショッピングカートの種類

ショッピングカート導入の方法は色々。大きな判断材料としては、サーバーに導入済みのシステムをレンタルするか、自分でサーバーに導入するか、無料か有料かがあります。ネット上で掲載する商品数、将来的に拡張したい機能などと照らし合わせ、一番適切と思われるカートを選びましょう。

ショッピングカートASP

ASPは、アプリケーション・サービス・プロバイダーのこと。アプリケーションを、ネットを介して提供する事業者のこと。サーバースペース、独自ドメインを同時に提供している会社もあります。
コストはある程度かかりますが、初めてネットでお店を開かれる方も安心して利用できます。

メリット
ショッピングカート専門のASPは、通常のレンタルサーバーに比べて、ネットショップに特化したサポートや付加サービスが期待できます。
デメリット
システムを利用するには、初期費用や月額費用がかかります。

ショッピングカート付きレンタルサーバー

多くのレンタルサーバー会社が、ショッピングカート機能付きプランを提供しています。 基本的にはASPによるレンタルサーバーと、導入方法に大きな違いはありません。
他社のASPが提供しているショッピングカート機能を付加しているというケースもあります。

メリット
ショッピングカート専門のASPよりも費用を抑えることができます。
デメリット
サーバーレンタルの初期費用、月額費用がかかります。ショッピングカート専門のサービスに比べると、サポート体制は弱いといえるでしょう。

無料ショッピングカート

中には、ショッピングカートの機能を無料で利用できるサービスがあります。サーバースペースまでレンタルできる場合と、フリーCGIといった形で、プログラム自体を提供している場合があります。
コストは当然かかりませんが、どうしても機能は制限されますし、突然動作しなくなるようなケースも考えられます。なぜ無料なのかにも注意して選ぶようにしましょう。

メリット
コストがかからないので、小規模な店舗であれば上手に活用できるかもしれない。
デメリット
利用できる容量、サービス内容が有料サービスに比べて見劣りする場合があります。ショッピングカート機能が使われているページに、広告が表示されることがあります。

> ページの先頭へ